FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
サプリメント の記事一覧
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タヒボ茶 
2006.04.18.Tue / 02:02 
今流行っているタヒボ茶についてちょこっと書いてみようかと思いました。
これは知人から聞いた話もふまえてのアップです。
ウチで使用しているタヒボ茶はタヒボジャパン(NFD)とは異なります。なので通常手に入りやすいタヒボジャパンを使用してもフェレットに効果があるように...との事での公開です。


ウチで使用しているタヒボ茶はタヒボジャパンとは違う精製?とでもいいましょうか...製品事態を維持できる様に製造の工程?が違います。
コレはココでお話する内容ではないので省かせて頂きます。
コレを問いただしたとしても、実際には同じ工程での処理が不可能からの事です。ご了承下さい。

まず、どのタヒボでも日持ちはしないと言われています。
勿論、現在ウチが使用しているものでもかなり日持ちすると言われていますが、実際はそういう工程を得ても日持ちしません。
なので前にアップしたコチラを参考に煎じるのがいいかと思いました。
これは、せっぱ詰まっている子に応用しているので免疫UPとか、特にひどい症状がない場合は特にこういった使用方法をしなくてもいいかと思います。使用するフェレット、そして飼い主さんのニーズに応じて使用方法や使い方を見極めて下さい。

で、タヒボ茶には【乳酸菌】を...と、前の記事で取り上げました。
で、乳酸菌でも『死菌』ではないと...という事が分かりました。

ウチで使用している『死菌』はコチラの乳酸菌です。
「300」のヤツです。

で、どうして乳酸菌(死菌)を一緒にあげるといいの?

これはキムチの原理といっしょで発酵させたほうが腸からの吸収が良いのです。免疫のそのほとんどを腸管免疫が担っていると言っても過言ではありません。特にリンパ球は。
だから腸管リンパ腫は助からない。との事です。
実際はもっと時間かけて発酵させるほうがいいのですが...なかなか時間をかけて発酵させるのは困難かと思います。

そして、タヒボのメーカーが言うようにタヒボは鮮度が大事なので一回づつ煮詰めなければ効果がない。
それでも普通のタヒボも乳酸菌と一緒に入れた方がいい。でも死菌でないとだめ。

【5/3 追記】
で、死菌ですが...下痢します(汗)
これは2.3日くらい下痢をするという訳ではなく、2週間くらいかもしくはそれ以上下痢をする可能性があります。
なので、発酵させるのにあたっては最初は少量から使用した方がいいかと思います。
死菌事態、癌にもとても効果的です。
が、下痢をしている子に更に死菌を与えて下痢をひどくさせる場合があります。なので間に下痢止めなども使用することをお勧めいたします。



まだまだ公開するには不十分な内容ですが、
今現在、せっぱ詰まっている子達がいるかと思います。
なので、分かり次第のUPです。
また分かり次第公開したいと思います。

参考になれば...って思います。





スポンサーサイト
サプリメント&点滴 
2005.02.26.Sat / 01:21 
20050208030717.jpg


ここまでいろいろな事を書いてきて今さらだと思いますが注意点をいくつかお話したいと思います。

まずは、
*サプリメントについて*
ここでご紹介しているサプリメントですが、フェレット用・動物(犬猫用)・人間用の物を使用しています。
冒頭にもある様に使用される場合は自己責任下での使用をお願いいたしております。
また、同じ名前の物や、効かない物もあります。
自己で調べて、より良いモノを選抜されると良いと思います。
また、ご紹介しているサプリメントを全て使ったからといって症状が良くなるとも言えません。与える量や回数、サプリメントによっては一緒に使用しない方が良いモノもあります。
この辺も自己で調べてご使用下さい。
個人差もあると思います。
まずは病院から診断を受けて、病院との連結を最優先にしてサプリメントのご使用をお勧めいたしております。
もし、良いサプリメントをご使用される場合は最低3ヶ月ご使用して、効果がない場合は増量、もしくは新たなサプリをご使用されるのも良いかと思います。癌などは細胞の作り代わりが3ヶ月周期と言われています。3ヶ月以上ご使用になって初めて効果が出るものもあります。

*点滴について*
自己で点滴をされるのは良い事と思います。
しかし、病院によっては出してくれない病院もあります。そして、病院との信頼関係も必要と思います。
点滴に使う針やシリンジは時によっては周囲から誤解を受ける事もありますので、あまり個人には出さない病院が多いと思います。
これらは医療ゴミにもなりますので、勝手に捨てる事は出来ません。

点滴は大きく分けて2種類あります。
物によってはあまり効果が出ないものもあります。もし、ご自分で点滴をなさる様でしたら病院とよく話し合うのも良いかと思います。

点滴をするときに暴れるのであれば無理せず病院に行く事をお勧めいたします。
また、貧血の症状がある場合は病院で点滴をしてもらう方がいいと思います。血小板が少なくなり更に貧血が悪化します。




| BLOG TOP |
プロフィール

大原 ゆれぎ

  • Author:大原 ゆれぎ
  • 今までにゆれぎが経験した動物達の病気や症例をご紹介しています。
    サプリメントの紹介もしていますが、もしご使用になる時は自己責任下でご使用下さい。
    効く効かないは個人差もあります。同じ名前のサプリメントも多数出回っていますので、効かないものもあります。
    使用方法もいろいろとあると思いますし、また病院での指示の違いもあると思います。
    これは我が家の闘病記であくまでもゆれぎが経験した闘病記の公開である事を前提にご観覧下さい。
    無断で写真や文章の転用・使用はご遠慮下さい。
    リンクについては左のツールバーから管理人にメッセージを残して頂けたら嬉しいです。折り返しご挨拶に伺いたいです。
最近のトラックバック
My Blog

My Blog
いろいろブログやってます↓

お好きなのを見てください

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 闘病記 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。