ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
強制給餌 
2005.02.26.Sat / 01:30 
20050208030312.jpg


時には闘病中に強制給餌・水をしなくてはいけない時があります。
流動食はシリンジ(針のない注射器)で吸える様にミルミキサーなどでドライフードを粉々にしてお湯でふやかしたり、ダックスープなども良いと思います。
水(脱水緩和)の場合は、白湯やポカリスエットなど清涼飲料水などが良いと言われています。時には白湯にブドウ糖も入れると喜んで飲んでくれる様です。

やり方はこんな感じです。
首根っこを掴み、口の横からゆっくり流し込みます。
一気にではなく、少しずつ少しずつです。
ちょっと入れては休み...の繰り返しがいいと思います。
無理には与えず、様子を見ながら与える方がいいと思います。
時に、お腹が痛かったり、張ってたりしているときには食欲が落ちます。かえって食べない方がラクだったりという時もあります。
必ずしも強制的に与えれば良いと言う事ではありません。
スポンサーサイト
プロフィール

大原 ゆれぎ

  • Author:大原 ゆれぎ
  • 今までにゆれぎが経験した動物達の病気や症例をご紹介しています。
    サプリメントの紹介もしていますが、もしご使用になる時は自己責任下でご使用下さい。
    効く効かないは個人差もあります。同じ名前のサプリメントも多数出回っていますので、効かないものもあります。
    使用方法もいろいろとあると思いますし、また病院での指示の違いもあると思います。
    これは我が家の闘病記であくまでもゆれぎが経験した闘病記の公開である事を前提にご観覧下さい。
    無断で写真や文章の転用・使用はご遠慮下さい。
    リンクについては左のツールバーから管理人にメッセージを残して頂けたら嬉しいです。折り返しご挨拶に伺いたいです。
最近のトラックバック
My Blog

My Blog
いろいろブログやってます↓

お好きなのを見てください

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 闘病記 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。