ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蓮河の闘病記 1 
2000.06.01.Thu / 22:09 
20050207220710.jpg


2000年6月に蓮河の下痢が止まらず、病院で簡単な検査をしてもらいました。原因も分からずしばらくして貧血がひどくなり採血が出来ないくらいになりました。付いた病名は『骨髄性白血病』。ちゃんとした検査も出来ないでこの病名が付いた事に納得できませんでした。
しかし、この症状に良く効くサプリメントや薬を与えると落ち着いた事からこの病気なのかもしれないと思うようになりました。しかし、対応が納得いかなかった。
この事があり、セカンドピニオンで変わった病院からサードピニオンで新しく病院を変える事を決意した時でもあります。

蓮河は貧血は勿論、低血糖や体内の血液不足で体温が低く下痢をしていました。他に、副腎機能不全、自律神経失調症、十二指腸と腸炎を併発。薬を長年飲み続けていたせいか副作用が多く見られました。

*使用した薬*
抗生剤
プレドニゾロン(ステロイド)1日1.25mg(5mgの錠剤4/1)

*使用したサプリメント*
なるへそ ベーシックス(健康維持・抗酸化作用)
     E+C (健康維持・必要ビタミン)
     下痢に(ザイム) (下痢を緩和させる為)
     コンドロイチン (癌対策)   
     カルシウム (薬によるカルシウム欠乏の為)
生ローヤルゼリー (癌・免疫対策)
鉄分(ビタミン入り) (貧血の為)
深海鮫肝油エキス (下痢・癌対策)
整腸剤(病院から出されたもの)
乳酸菌

*ケア*
・少し熱めのお風呂が好きだったので、部屋を暖かくして入れる。
・夏場でもクーラーが効いていると体温が下がるので、寝袋と小さなヒ ーターを常備設置。
・歯茎を押して貧血の度合いを確認。
・流動食や飲み水に砂糖かブドウ糖を入れる。
・数時間おきにご飯を食べているか確認。
・下痢がひどい時にはお腹をヘコませるか、強く噛むのでミルクや乳酸 菌や整腸剤を与えて粘膜の保護をする。
スポンサーサイト
スポンサーサイト蓮河の闘病記 1へのトラックバック
スポンサーサイト蓮河の闘病記 1のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

大原 ゆれぎ

  • Author:大原 ゆれぎ
  • 今までにゆれぎが経験した動物達の病気や症例をご紹介しています。
    サプリメントの紹介もしていますが、もしご使用になる時は自己責任下でご使用下さい。
    効く効かないは個人差もあります。同じ名前のサプリメントも多数出回っていますので、効かないものもあります。
    使用方法もいろいろとあると思いますし、また病院での指示の違いもあると思います。
    これは我が家の闘病記であくまでもゆれぎが経験した闘病記の公開である事を前提にご観覧下さい。
    無断で写真や文章の転用・使用はご遠慮下さい。
    リンクについては左のツールバーから管理人にメッセージを残して頂けたら嬉しいです。折り返しご挨拶に伺いたいです。
最近のトラックバック
My Blog

My Blog
いろいろブログやってます↓

お好きなのを見てください

ブロとも申請フォーム

CopyRight 2006 闘病記 All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。